FC2ブログ

黒い翼

全てに愛されない男 頑なな想いが崩壊したとき 人生のカタストロフィが始まる


grazing blue Journey † 旅立ち †

最近、この街にも緑がある事に気が付いた。

森とは呼べないほど小さなヤブではあるが、その緑に包まれているだけで癒される。






スカーが霊山へ旅立った。

何となく分かる。

先日の晴れた日中。

この街の数少ない森林を散策している時だった。

「ああ…スカー…逝っちゃうんだ…。」

と蒼空を見上げた時、不意に頭を過ぎった。

こう言ったムシの知らせは何度も経験している。






猫は死期が近付くと姿を消す。

自分の命が短い事を悟る。

何とセツない事なのだろう。

私は自分の死期を悟る事が出来るのだろうか。

孤独死は怖くない。

ただ、腐敗して他人に迷惑を掛けるのは嫌だと思う。






留守を頼んでいる友人に連絡をしてみると、スカーは2週間以上見ていないと言う。

まだ手のひらに乗るほど小さい時から一緒に暮らしたトラ猫。

「スカーは幸せだったかな…。」

窓辺で気持ちよさそうに寝ている姿が瞼に浮かぶ。







樹々の間から木漏れ日が揺れている。

野外露出や野外sexには絶好のポイントだ(笑

何て変態でスミマセン。

今はパートナーとか探す気もしない。

色々な気持ちを整理して沈めて行かないと。

折りたたむには、まだまだ時間が掛かりそうだ。



forest











スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
  1. 2017/04/26(水) 01:22:08|
  2. ノンアダルト
  3. | comment 0

disillusionment † 要求 †

週末、本社で研修があり、こっちに出でくると言う。

ソファーをベッドにトランスフォームさせ、寝具を天日干しした。

薄曇りだが、風に当てるだけでも違うだろう。







分かってはいたが、どうする事も出来なかった。

大凡の結末は予想出来たが、ここまで酷いとは思わなかった。

だが人伝に聞いた話。

当人はどうなのだろう。








要求は厳しい。

顔の形が変わる程殴られた相手。

今更修復は不可能。

だが、その涙に胸が騒つく。

その先に何があるのだろう。








野外露出をしたいと言う女性。

行き着く先は金銭のやり取り。

興醒めである。

後は迷惑メールと詐欺メールが増えただけ。

私に貴女の様な美しさは無い。

自分に期待して無いのだから仕方ない。

愚男には相応しい。








ss_liv_hp

丁度一年前か。

夕暮れの川沿い。

過去画像で。










  1. 2017/04/23(日) 12:08:51|
  2. thing
  3. | comment 2

four seasons † 四季即是空 †

突然暖かになった。

夜でもジャケット無しで歩けるくらいだ。

此処の街に流れて来てから季節を一周。

独りの生活も大分慣れてしまった。








不意に流れて来た曲。

アン・ルイスの "four seasons"

若い頃好きだった曲だったが、バラード調からハードロック調に編曲されていて、初めは気付かなかった。

昔はその歌詞に救われた事もあった。







大切な人が空高く昇って行った後。

聖書や仏典を読み漁った時期がある。

聖書の言葉は美しい。

比べて仏教の言葉は難解。

だがその意味は奥深く計り知れ無い。

仏教の教えとは物理学に近い物がある。

釈迦が現在に現れたら、アインシュタインを超える物理学者になるのでは無いかと思ったりする。

ってエロ日記で何をほざいてる事やら。

エロ記事が無いので、そろそろここも潮時か。










"four seasons"の歌詞。


人の心は変わる物さ

変わるから美しいとも言えるよ

四季即是空

空即是色




と、四季即是空は色即是空の当字。

"色即是空 空即是色" は般若心経の経典の教え。

読み解くとアインシュタインの"質量不変の法則"にも捉えられる。

私が悲しんでも嘆いても、世の中は何も変わらない。

例え死んで塵になったとしても、この宇宙の質量に何の変化も無い。

そう、何も変る事は無い。









テーブルの珈琲を飲み干し、レシートを手に席を立つ。

窓の外は小雨が降っている様だ。

アン・ルイスのハスキーボイスも終盤。

人の心は四季の様に変わる。

春もあれば冬もある。

それは自然の摂理。

不可思議な事は何も無い。









人の心は自由なほどに

人生もまんざら捨てたものじゃない

四季即是空

空即是色

I love you still






four seasons




外灯に雨が光って堕ちて行く。

この世に不思議なことは何も無い。





  1. 2017/04/19(水) 00:24:44|
  2. ノンアダルト
  3. | comment 0

no place † 越えられないモノ †

眠れぬ夜を数える。

煌々と月が夜空を照らす。

毎夜その光に祈る日々。








決算期

蓋を開けてみれば大改善と言えた。

業績は右肩上がりになっている。

越えられないと思われていた壁を越えた。










消したと言う二つの場所。

確認する術もない。

確認するつもりも無い。

全く届かなかったその場所。

残るのは焼けるような傷み。

永遠に越える事の出来ない場所。

ただ、消すのには相当な決意が必要だった事だろう。

途轍もない悲しみに押し潰された事だろう。












業績はまだまた伸びる。

どうやったのか?

どんな手法なのか?

業界に噂が広がり俄かに来客が増える。

私にとっては当たり前の事を当たり前にやっただけである。

自分の中に不思議な事も疑問も何も無い。

しかし、これで私の役目は終わってしまったと言える。

恐らく、何れ居場所が無くなるであろう。

その程度の存在だと言う事は分かっている。










越えられないモノとは、そんなモノだ。











moon_29412


今夜も月が夜空を照らす。













I pray for you.
  1. 2017/04/12(水) 16:11:35|
  2. ノンアダルト
  3. | comment 2

she makes me happy † 雨の夜は †

闇深き道のり。

小雨が肩を叩いている。

時折車のヘッドライトが濡れた足下を照らす。









無口な人の噂。

元気だろうか。

私の事など記憶の彼方だろうか。

私は1日たりとも忘れた事は無い。

その想いに陰りは無い。

降り止ま無い雨の記憶。

ガラスの滴を見ながら寄せた想い。

その涙が愛しかった。








深夜のカフェテリア。

眠れぬ夜を繋ぎ止める。

ロッド・スチュアートのラブソング。

"she makes me happy"

そんなフーレズが静かに響く。

雨は止んだみたいだ。

指のAmerican spiritsが灰になったら席を立とう。








川沿いの路。

また小雨が降り出した。

無口な人の笑顔を想い出す。

街灯が朧気な光を並べている。

暗闇にコツコツと響くブーツの音が、現実感を損なわせている。

このまま行き着く先は何処なのだろう。

dark_river











雨の夜は無口な貴女を想い、その愛を抱きしめて眠る。






  1. 2017/04/09(日) 22:21:11|
  2. ノンアダルト
  3. | comment 1

NEW ENTRY | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

海風

Author:海風
裏切-失恋-X-ONE。
何もかもにも見捨てられた愚男です。
緊縛、露出、何でもアリの変態です。

このブログはリンクフリーです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Black wings

Designed by U-BOX